Senses Working Overtime BBS Vol.3



[119] wさん ジャーナル(その2) Name:w Date:2018/03/06(火) 03:24 [ 返信 ]
前スレッドが返信数100件でFULLになりましたので、続きのスレッドを立てました。自分で「wさん」と打ち込むのは大いに間抜けですが、連続性重視でこの題名にします(笑)。

さて、2018年のアカデミー賞が終わりました。本命視した「スリー・ビルボード」は作品賞には届かず、対抗の「シェイプ・オブ・ウォーター」が受賞。予想としては当たらずとも遠からじというか、でも順序立てて振り返ればなるほどという結果だったと思います。。

・アカデミー作品賞は4年連続してインディペンデントスピリット賞作品賞と一致

アカデミー賞前日の3/3に発表になったインディペンデントスピリット賞は「ゲット・アウト」が作品賞受賞。

・アカデミー作品賞は過去5年すべて脚本賞または脚色賞受賞作のどちらかが受賞

脚色賞は「君の名前で僕を呼んで」が受賞、脚本賞の方は「スリー・ビルボード」「シェイプ・オブ・ウォーター」「レディ・バード」「ゲット・アウト」の中からまたまた「ゲット・アウト」が受賞でさらに一歩前身。

・アカデミー作品賞は監督賞受賞作と過去5年中4回は不一致。ただしその4回は全て、監督賞を逃した作品が脚本賞または脚色賞のいずれかを受賞している場合。(訂正)

「シェイプ・オブ・ウォーター」が期待通りに監督賞を受賞。
逆に「スリー・ビルボード」は取ると想定していた脚本賞を外した上に監督賞にノミネートしてないので、完全に脱落。

・2003年から14年連続して、監督賞・脚本賞・脚色賞の受賞作のどれかが作品賞も受賞。

これで「シェイプ・オブ・ウォーター」「ゲット・アウト」「君の名前で僕を呼んで」に絞られました。
さらに前哨戦の結果からは、全米製作者組合賞(PGA)を制した「シェイプ・オブ・ウォーター」か、インディペンデントスピリット賞を制した「ゲット・アウト」のどちらかに。

最終的には、去年の「ムーンライト」と同様の黒人監督作品だが少々ホラーコメディ色が強かった「ゲット・アウト」よりも、モンスター映画ながらも去年の「ラ・ラ・ランド」の敵討ちを期待させる「シェイプ・オブ・ウォーター」が、今年のアカデミー会員にはより好まれたのかな、と考えました。

(追記:「シェイプ」が作品賞から敬遠されそうだと潜在的に不安視してしまった理由はなんだろうと振り返ると、なぜかあの「E.T.」でさえ作品賞を取れなかったという歴史的事実の重圧のせいだと思い当たりました。この35年間(!)でハリウッドもここまで「成熟」したのだ、と痛感した次第です。)

ちなみに先週末は「シェイプ・オブ・ウォーター」「ブラックパンサー」「15時17分、パリ行き」「聖なる鹿殺し」「ハッピーエンド」を一気に観賞。「シェイプ・オブ・ウォーター」は当然「ヘルボーイ」のエイブ(中の人も同じダグ・ジョーンズ)と同じく"大アマゾンの半魚人"オマージュでしたが、最終的にはやっぱり「パンズ・ラビリンス」級かという浪漫と悲哀の箱庭劇に思わず涙が迸りました。「ブラックパンサー」での「ライオンキング」から「バーフバリ」までをカバーする王道活劇を下敷きとしつつ「ウィンターソルジャー」同様に現代的ポリティカルムービーを構築させる手腕に唸りました。「15時17分」はすべての"寄り道"はラスト30分のための啓示だったとして収斂させるという奇策にびっくり。途中まで"この映画はいったいどう収拾つけるんだ"と思わせた挙句だったので恐れ入りました。残り2作は流石の不条理ぶりというか貫録の後味の悪さというか。前者の題名はチミノのアレを示唆していたのかと気付かせるのは終盤になってからという底意地の悪さ。後者では前作「愛、アムール」からの隠された連携性がこれまた終盤で露わになる以上、題名への苦笑いを要請してきてるなと感じてしまい、ますます嫌な気分になりました、と褒めておきたいです(笑)。

[120] RE:wさん ジャーナル(その2) Name:ぱと Date:2018/03/14(水) 17:42
wさんこんにちは(お手数をおかけしました〜)

さすがの私も映画館に走り「スリー・ビルボード」「シェイプ・オブ・ウォーター」を観てきました。どちらもすばらしい内容で(シェイプ・オブ〜は色彩にひとつの無駄もなく流れるような映像美を堪能)、それでも心にいっそう響いたのは「スリー・ビルボード」、フランシス・マクドーマンドはもちろん助演男優賞にノミネートされた二人の好演が印象的で、少し鈍いうえにある秘密をかかえる田舎警官ディクソンを演じたサム・ロックウェル!映画いちばん最後のあの会話で話をしめくくった潔さ。脚本賞を取れないのが不思議でした。

[121] いよいよセンバツ Name:w Date:2018/03/23(金) 04:08
明日(というよりもう本日)からセンバツなのですが、まだまだ肌寒いですね。春分の日も近所はあまり暖かさが足らず、桜のつぼみもまだまだ。先週ぐらいは良い日差しだったのですけどね。阪神沿線ぐらいだと違うのかもしれませんが。

「スリー・ビルボード」と「シェイプ・オブ・ウォーター」ご覧になりましたか。今年のアカデミー賞は10年前の「ノーカントリー」VS「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の争い以来のハイレベル対決でした。気が早いですがたぶん「スリー・ビルボード」はこのままだと今年のマイベストとなりそう。脚本賞レースは(未見の「レディバード」除いて)4作はどれが受賞しても納得できる優れたプロットでしたが、それでもこの作品のツイストと布石の数々は圧倒的なものでした。「赤い影」の仕込み方も凄かったですね。「シェイプ」はデルトロの集大成作と認めるものの、個人的偏愛はやはり「パンズ・ラビリンス」が上かな。でも「声を無くした人魚姫が海に戻る話」(とリチャード・ジェンキンスが思う話?)というだけでも目が潤んでしてしまうし、消し去ってもらわなかった首筋の傷の最後の使われ方には感動しました。

ほかのアカデミー賞受賞作では「ナチュラルウーマン」と「リメンバー・ミー」も評判通りの名作でした。「ナチュラルウーマン」は音楽込みで素晴らしく、マシュー・ハーバートのトラックも◎ですが、APP「時は川の流れに」にはこれぞ真のテーマ曲じゃないかというほど胸に迫るものが。改めて名曲だったのだと思い知りました。「リメンバー・ミー」はあの世でギターを譲り受ける中盤のシーンで、最後までの展開がもう読めてしまったのに、それでもクライマックスには涙が溢れてしまう有様。近い人をなくした人ほど堪えられなくなるではないかと思います。

あとは今月の第1週で積み残した「ダウンサイズ」(アレクサンダーペイン版ウルトラQ!)「しあわせの絵の具」(ここでもサリーホーキンス熱演)「長江 愛の詩」「甘い銭」はさらに2週間かけてやっと完鑑賞。一時期に公開を集中させすぎですよ。それから和製ラリーフリントという観の「素敵なダイナマイトスキャンダル」も快作。それにしてもなぜエロとサブカルは結びついてしまうのか(欧米だとそれほどでもない気がするけど、もしかしたらThrobbing Gristle辺りの文脈などが相当するのかな)。

話をセンバツに戻すと、去年のセンバツは初日も決勝も休日に観戦できて絶好調でしたが、今年の開会は去年よりも4日も遅くてイマイチです。大阪桐蔭も東海大相模も慶応も残念ながら初戦は平日。準々決勝まで残ればみられるかどうか。特に東海大相模は同じブロックに駒大苫小牧・聖光学院・中央学院・静岡・日本航空石川・明徳義塾と、秋の地区大会優勝校6校も集中してしまった死のブロックなので厳しそうですし、逆に捉えると毎試合盛り上がりそうです。

連ドラは大体最終回を終えました。「アンナチュラル」(ミコトが中堂を説得する言葉にこそすべて)も「anone」(仮想共同体ドラマの完成形か)も「バイプレイヤーズ」(漣さん...)も見事な終幕だったと思います。「BG」「もみ消して冬」「99.9」「きみが心に棲みついた」「隣の家族は青く見える」も納得の終わり方。「海月姫」「トドメの接吻」なども楽しく見ましたし、全体的に充実クールだったのではないでしょうか。その裏で「弟の夫」や「スニッファースペシャル」などのNHKものや「天才を育てた女房」などのSPドラマはいろいろ見逃しました。どうか再放送を。

[122] 2018年1月〜3月に劇場で見た映画 Name:w Date:2018/04/12(木) 05:02
4月に入りましたが早々に桜が散ってしまい、お花見が満足にできずじまいでした。3月下旬までは全然蕾も膨らんでなかったのに、4月頭には一気に満開になり、先週の雨でほとんど散ってしまうという有様。もう春も終わったのかという慌ただしさです。

先々週ですが、3/31(土)は十三の第七藝術劇場で原一男監督の4時間近い新作「ニッポン国VS泉南石綿村」を観賞し、上映後には監督と出演された原告の方々を迎えての1時間半に及ぶトークショー、さらに監督のサイン会という盛り沢山なイベントを丸半日ほど体験し、その翌日4/1(日)には朝から甲子園でセンバツ準々決勝を第2試合まで見て、午後は阪神競馬場に移動してG1大阪杯を見て、夕方からはTOHOシネマズ西宮OSにてファーストデー価格で映画を2本(チャーチルとペンタゴン)を見るというトリプルヘッダー。めちゃくちゃハードな週末でした。

センバツは3/25(日)の3日目も見に行きましたが、両日とも智弁和歌山を見られて良かった。試合内容はミスが多くて苦戦しつつも、どんなに点差が開いてもすぐに追い付いてしまうという智弁和ならではの荒々しさが全面に出ていて楽しかったです。初戦の富山商もかなり強かったですし、準々決勝の創成館は大会ベストゲームかというぐらいの盛り上がりでした。ブラバン的にも見どころ多く、"魔曲"「ジョックロック」以上に、新曲「ミラクルショット(報道ステーションの"熱盛"コーナーの曲)」演奏時の智弁和の攻撃の拍車の掛かり方が凄かったです。「コパカバーナ」と「シロクマ(NEWS ZEROのスポーツコーナーの曲)」もインパクト大。富山商の「ジーザスクライストスーパースター」「シェリーに口づけ」、創成館の「YAH YAH YAH」「チキチキバンバン」「エヴァの使徒襲来の曲」も面白かったです。

新ドラマは「半分、青い」「コンフィデンスマンJP」「シグナル」までをチェック。朝ドラは初回からトリッキーな仕込みを入れたりと面白そうだけど、時代考証的に気になる点がいろいろ(昭和46年にキラキラネーム?マグマ大使はやや古い?)。「コンフィJP」のいつ古美門が出て来てもおかしくない程の振り切りぶりと、「シグナル」の時空を超えるトランシーバーという飛び道具もなかなか。

さて、ここまでが前置きで、忘れないうちに、今年3月までに劇場で見た映画を列挙します。

◎1月
オリエント急行殺人事件 ★★★
スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2D) ★★★★
わたしは、幸福(フェリシテ) ★★★☆
キングスマン:ゴールデン・サークル ★★★☆
希望のかなた ★★★★☆
ヒトラーに屈しかった国王 ★★★☆
パディントン2(吹替) ★★★★☆
デトロイト ★★★★
ジュピターズ・ムーン ★★★★☆
花筐/HANAGATAMI ★★★★☆

◎2月
祈りの幕が下りる時 ★★★
ライオンは今夜死ぬ ★★★
スリー・ビルボード ★★★★★
不能犯 ★★★☆
サファリ ★★★☆
ロープ/戦場の生命線 ★★★★
ぼくの名前はズッキーニ(吹替) ★★★★
ベロニカとの記憶 ★★★★
RAW 少女のめざめ ★★★☆
犬猿 ★★★★
早春 ★★★★☆
ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ ★★★★☆
The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ ★★★
ザ・シークレットマン ★★★★

◎3月
グレイテスト・ショーマン ★★★
苦い銭 ★★★★
シェイプ・オブ・ウォーター ★★★★★
ブラックパンサー(2D吹替) ★★★★☆
15時17分、パリ行き ★★★★
ダウンサイズ ★★★★☆
聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア ★★★★
ハッピーエンド ★★★☆
しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス ★★★☆
長江 愛の詩 ★★★☆
ナチュラルウーマン ★★★★☆
坂道のアポロン ★★★☆
リメンバー・ミー(吹替) ★★★★☆
素敵なダイナマイトスキャンダル ★★★★
ちはやふる -結び- ★★★★
BPM ビート・パー・ミニット ★★★★
ニッポン国VS泉南石綿村 ★★★★☆

[123] 4月は大作続き Name:w Date:2018/04/27(金) 01:23
で大変でした>洋画。

SF/ファンタジー系では4月1週目に「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」、2週目に「パシフィック・リム/アップライジング」、3週目に「レディ・プレイヤー1」、そして4週目に(今日から)いよいよ「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」と毎週超大作が立て続け。お蔭で(2D鑑賞済みの)レディ・プレイヤー1を次世代IMAXで見たいと思っても、109シネマズエキスポシティではIMAX上映はアベンジャーズにほとんど持っていかれて、早くも1日1回に減少してしまい、もう見るチャンスはなさそうです。残念。それにしても1ヶ月の間に「ペンタゴン・ペーパーズ」「レディ・プレイヤー1」と全然方向性の異なる大傑作が連続上映されるスピルバーグの圧倒的パワーにはひれ伏すのみです。

ミニシアター系/欧州系/アジア系では、4月1週目に「ワンダーストラック」「ラッキー」「ラブレス」「ダンガル きっと、つよくなる」、2週目に「さよなら、僕のマンハッタン」「女は二度決断する」と心を激しく揺さぶられる作品の釣瓶打ち。そして3週目には未見の「タクシー運転手 約束は海を越えて」と更に今週末の4週目には「君の名前で僕を呼んで」「ザ・スクエア 思いやりの聖域」が控えていて、いやはや見たいけどどれも長時間物なのでやりくりが大変です。

連ドラは一通り見ましたが目下のところ「コンフィデンスマンJP」が一番の楽しみです。寄生獣と"あなそれ"とは対照的ながらも正しい東出昌大の使い方!続いて「シグナル」と「Missデビル」は先行きに不安を感じつつも興味を引き付けられる感じ。「花のち晴れ」「正義のセ」「未解決の女」「ブラックペアン」は現状は安心してみられる安定株という印象。「特捜9」「捜査一課長」「執事西園寺の名推理」「家政"夫"のミタゾノ」はもはや王道ですね。そして突如の実写化となった「宮本から君へ」ですが、恐ろしく原作に忠実な描写に、大いなる期待と今後の残酷で陰惨な展開への恐怖が入り混じります。とても1クールでは収まらないと思いますが、半年ぐらいぶち抜くのでしょうか。で、監督が真利子哲也ということは、将来的に「ザ・ワールド・イズ・マイン」実写化への布石になったりして!(できれば柳樂優弥主演で!)。そして朝ドラですが、いろいろ飛び道具を飛ばしてきてますがなかなか快調(明治村ですずめが拷問器具への愛を暴露、というのは笑いました)。でも何か変な緊張感がありますね。SPでは三谷幸喜の「黒井戸殺し」にはうなりました。三谷の「みんながオチを知っている話」の脚色力には改めて恐れ入りましたです。

今週末は京都の天皇賞もあり、いよいよGW到来。このレースは毎年現地で観戦してますが、ゴールドシップ、フェノーメノ、キズナ、キタサンブラック、サトノダイヤモンドといったここ数年のスーパーホース級の存在が今回は居なくてかなり寂しいレースとなりそうで、今年は見に行くかどうか微妙です。応援したいのはレインボーライン、サトノクロニクル、トーセンバジル辺りです。


  



無料レンタル掲示板 WEBでき